敏感肌の基礎知識

敏感肌にとって一番良くないのが、刺激を与えてしまう事です。敏感肌の人の特徴は、とにかく刺激が弱いという事が挙げられます。普通の人が使っても、何の問題もないようなスキンケア商品を使っても、敏感肌の人はかぶれを引き起こしてしまったり、かゆみが生じてしまったり、出来物ができてしまったりと、よくない事が起きます。しかし、どうして普通の人が使っても大丈夫な商品が、敏感肌の人だと炎症を起こしてしまう事があるのでしょうか?

その答えは、皮膚のバリア細胞にありました。通常、私達の皮膚には、外からの雑菌や紫外線をバリアしてくれるような細胞が備わっています。敏感肌の人は、元々その細胞の能力が弱く、バリアしきれていない事から、皮膚に炎症を起こしてしまうという事が考えられます。バリア細胞の威力が強ければ、刺激の強いスキンケア商品であっても、問題なくその効果を得る事ができるのですが、敏感肌の人が刺激の強いスキンケアコスメを使ってしまうと、それだけ肌に負担がかかってしまい、ストレスとなってしまうのです。

刺激の強い成分が入っている商品は、敏感肌の人の皮膚には強すぎてしまうため、バリアしきれずに、その商品に含まれている化学的な成分が皮膚内で反応し、炎症を引き起こしてしまうのです。

最近では、敏感肌用に、オーガニック化粧品なども出ていますので、敏感肌の人や赤ちゃんに用いるコスメとしても、非常に需要が高くなってきています。